イギリスの朝食用弁当

帰国日の朝に渡されたイギリス式のお弁当の紹介。

Share on Facebook
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

AM 4:00 起床。
AM 5:00 ホテルロビー集合。

イギリスの朝食用弁当

当然だけど、32092.gif
外見からして、日本のとはだいぶ違う。紙の箱・・・中身が気になる。

イギリスの朝食用弁当 中身

<オレンジジュース、パン、ゼリー、コーンフレイク、スナックバー>

うーん・・・
どちらかというと、午後3時のおやつ的なw

イギリスの朝食用弁当 コーンフレイク

コーンフレイクは、牛乳もしっかり入っていたよ。
食べずに処分したのでやり方まではわからないけど・・・ 残念;

イギリスの朝食用弁当

スナックバーは、アップル味。

朝食を食べないと目が覚めない私はとにかくスナックバーをかじってみたけれど、寝ぼけてるからか美味しく感じなくて一口で終わってしまった。

バスでヒースロー空港へ

ヒースロー空港に着く前に食べないといけないのに、出発直前に朝食渡されて困った。
んでもって、バスの中では飲食禁止なんだって。踏んだり蹴ったり・・・どうしろっつーのよ20307.gif
そんなこんなんで、空港に着いたらすぐさま飛行機の座席予約とか出国手続きやらで食べる暇はなく(食べるタイミングはあったけれど、添乗員さんうまく伝えてくれなかったのはとても残念)、液体を持ち込むわけにはいかないので、オレンジジュースだけを無理やり飲み干し、その他のものは仕方なくゴミ箱行きとなりました。

もったいなーい

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ