映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

ドラマ「成均館スキャンダル」と「優しい男」の主演で不動の人気に成長したソンジュンギが台詞無しで演じる狼少年ラブストーリー。写真で見るあらすじ(ネタばれ)でパク・ボヨンが演じるスニとソン・ジュンギが演じるチョルスの切ない愛の物語に胸キュン151800.gif

Share on Facebook
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ

ついに見ることが出来た映画「オオカミ少年」。
ソンジュンギのワイルドな目が印象的だったからすごく見たかった。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

ヒロイン役のバク・ボヨンも可愛くて好き。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy バク・ボヨン

写真で見るあらすじ+ネタばれ

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ

この先はネタばれの可能性大なので、ご注意を188.gif

バク・ボヨンこと「スニ」が新しく引っ越してきた家の庭に突如現れた人間離れした少年。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ

スニのお母さんが少年を保護してくれるまでに預かることに。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ

あまりにも人間離れしていたせいか、身なりは汚く、爪ものびっぱ、髪の毛もぐちゃぐちゃ、匂いもひどいし、言葉も話せない。スニのお母さんはこの少年を「チョルス」と名づける。
食べ物に対する執着がすごく、見ると興奮して他の人なんて構わず全部食べてしまう。

そこで、スニは本を読み、“しつけ”を試みる。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy バク・ボヨン

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

しつけは成功し、徐々に学んでくれるチョルスに対し、スニも心を開き始める。
歯磨きを教え、

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

靴の紐の結び方を教え、

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

うまく出来たら頭を撫でて「ヨシヨシ」する

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

スニはチョルスのしつけだけでなく、面倒も見るようになって

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

一緒に遊ぶ。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

ある日、ギターを見つけているチョルスに歌いながら弾いてあげるスニ。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

チョルスは感動したというより、スニに惚れているのでしょうね。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ

その時、スニが歌った曲がこちら。

나의 왕자님 (私の王子様)

밤새도록 창밖에 해님이 뜨길 기다려요
夜が明けるまで窓の外に太陽がのぼるのを待っています
아침이 오면 그 사람 만날 수 있으니까요
朝が来たらあの人に会えるでしょうから
고마워요 내 손 잡아줘서 고마워요 내 눈 바라봐서
ありがとう 私の手を握ってくれて 私の目を見つめてくれて
고마워요 내가 그리던 왕자님 이렇게 내 앞에 나타나줘서
ありがとう 私が会いたがっていた王子様がこうやって私の前に現れてくれて

하루 종일 하늘에 달님이 뜨길 기다려요
一日中 空にお月様がのぼるのを待っています
한밤이 오면 당신과 이야기할 수 있으니까요
真夜中になったらあなたとお話できるでしょうから
잊지마요 우리의 약속들을 잊지마요 우리의 비밀들을
忘れないでね 私たちの約束を忘れないで 私たちの秘密を
잊지마요 내가 당신의 눈빛에 얼마나 가슴이 뛰었었는지
忘れないでね 私があなたの眼差しにどれだけドキドキしたのかを

歌を聞き終わり、今度はチョルスがスニの頭を撫でx2する

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

スニもしつけされちゃったね(笑

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

スニのことが好きな悪役のせいで、チョルスが好きな家族は反対するも仕方なく、チョルスは危険人物として檻の中に入れられるようになる。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy バク・ボヨン

スニと離れるのが嫌なチョルスだけど、スニのしつけの言葉「キダリョ(待て)」に従う。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ

悪役がスニをいじめるのを見て守ろうと、みんなが見る前で狼少年に変身してしまったチョルス。
チョルスが射殺されるのを止めるため、スニはチョルスのもとを去る。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy バク・ボヨン

ここでチョルスの初めての台詞が来る。切ない。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ

スニはチョルスを置いて、他の場所に引っ越していく。

それから47年が過ぎ・・・

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy バク・ボヨン

スニはこうやっておばあちゃんになってしまった。
チョルスのことは忘れ、好きな人と結婚し家族を作り、今は当時のスニの歳の孫娘がいる。
スニの歳の孫娘もバク・ボヨンが演じているよ。

最後、泣かずには居られなかったシーンでは、
スニが引っ越すときにチョルスの部屋に残して行ったメモ

기다려
나 다시올게

意味は・・・「待ってて 私また戻ってくるから」

の通りにチョルスが47年もの時間を待っていたこと。
スニに褒めてもらうために勉強も続けてきていたこと。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ

切ない。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン

その他の登場人物として

スニのお母さん

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy

スニの妹、スンジャ

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy

悪役・・・名前はわからないw

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy

下のは韓国でも大人気映画だったみたいで、100万突破を喜んでのソンジュンギとバクボヨンの写真らしいよ。

映画 私のオオカミ少年 A Werewolf Boy ソン・ジュンギ バク・ボヨン