沢尻エリカ パッチギ

1968年、京都。高校2年生の康介(塩谷瞬)は、担任からの指示で親友の紀男(小出恵介)と敵対する朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行く。そこで康介は音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れするが……。

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

朝鮮学校の不良学生やそうでない学生や、
学生でない北朝鮮の人の物語。

「パッチギ」って2個出てるよね。
「沢尻エリカ」のやつを観たけど、面白かったよ。

沢尻エリカ パッチギ

パッチギ

あらすじ

1968年、京都。高校2年生の康介(塩谷瞬)は、担任からの指示で親友の紀男(小出恵介)と敵対する朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行く。そこで康介は音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れするが……。

映画よりも・・・
実は、高岡蒼甫がカッコ良くて。

高岡蒼甫

高岡蒼甫

宮崎あおいの旦那さんとはびっくりだったけどね。
って、私情報古すぎだね。
テレビ観ないからかな。
いけないいけない…。
そろそろテレビ購入でもするかな。