French model Filippa Hamilton

優雅なテラスカフェに座り、チョコレートとチーズケーキを楽しむフランスの女性たち、2~3時間の夕食後に高カロリーなデザートを何の罪悪感無しで手にする彼女らは、ピザ一枚にもカロリー計算をしながら体重を心配する女性たちをあざ笑うかのようにスリムなスタイルを維持しています。
彼女たちは、なぜ太らないのだろう?

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Rasberry Tart

彼女たちは、なぜ太らないのだろう?

  1. 食べ物の味を楽しめ。

    最高の食を楽しむフランス人にダイエットとは無縁のもの。
    2~3時間におよぶコース料理を気分良く楽しむ。その代わり、少しだけ食べる。

    ワインを飲むときに、初めの一口を通じて香りと味を楽しみ、そのワインについて評価をくだすように、フランスの女性たちは全ての食べ物に接するという。
    多い量を急いで食べるのではんく、味を楽しみながら少しずつ、ゆっくり食べる。

    最初食べたときの味と比べると、食べれば食べるほど味が落ちてると感じるため、持続して多く食べる必要はないというのがフランスの女性たちの共通した意見だ。

  2. 食べものに集中する

    現代人は多忙な日常をおくるため、業務をこなしながらサンドイッチで済ませてしまったり、新聞を読みながら食事をすることが多々ある。
    これは悪い習慣。
    食べながら他のことをすると自身がどんな食べ物をどれだけ食べたかわからなくなるため、健康を損ないスタイルを崩しかねない。

  3. 食べたいものがあったらすぐ食べる

    肥満のせいでカロリーの高いものをとにかく我慢したり禁食するとストレスがたまり、誰もいないところで過食してしまう危険性が出てくる。
    食べる行為に対して罪悪感をもつのはおろかなこと。

    現代人たちが身体活用量に比較し、カロリー摂取量が増えた理由は心理的空?感からだ。
    よって、食べ物に対する欲求をただ我慢するより、食べたいものをその場ですぐに食べる。ただ、味わいながら少しだけ食べるのが心理的ストレスを減少させてくれる。特に昼食と夕食の間に間食をするのは空腹をまぎらし、夕食時に過食することをなくす。

French model Filippa Hamilton