兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

日本三名園の一つとされる石川県金沢市の兼六園(けんろくえん)に行って来た。加賀歴代藩主によって長い間形を整えてきた庭園はとてもキレイで、良い散歩が出来た♪その辺の歴史なんて全然わからないけど、帰ってきてから行った場所を調べるのも楽しい(^-^)

Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

兼六園付近の有料駐車場「兼六駐車場」に車を止めて、真っ直ぐ歩いたら3分くらいかな。

桂坂をのぼったのか、桂坂に向かって坂をのぼったのか・・・
どちらだかわからないけど、お土産屋があるゆるく狭い坂道を少し上ると、兼六園へ入るチケット売り場がある。
連休中に行ったってのもあって、人も多く、人種もさまざま♪

兼六園前入り口。
楽しそうに写真を撮ってる男子たちを隠し(?)撮り。いやいや、堂々撮りです。
たまたま、彼らが私のカメラにうつっただけなのですw

兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

庭には興味のない私でもキレイだと思えた金沢市の兼六園。
実は金沢市に足を踏み入れたのも初である私。
神奈川県にも区だけど「金沢」があることから、名前は知っていたんだよね。
だからこそ、どんなところか行って見たいとずっと思ってて、やっと来れた32101.gif

桂坂、チケット売り場の向かい側に見えたのは「重文石川門」。

重文石川門,観光,石川県,金沢市,国指定重要文化財

国指定の重要文化財なんだそう。
外からしか見てないけど、立派だね。

石川郡の方を向いていたことからその名がついた石川門は、金沢城跡の東に位置する重要文化財です。1759(宝暦9)年の大火によって全焼しましたが、11代藩主前田治脩の代に再建され、その後修理等を重ねて現在の姿になりました。豊かな緑の中、百万石の風格を漂わせるその堂々たる構えと、夜のライトを浴びた幻想的な姿が印象的です。

参考URL:http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=5035

さて、チケット(大人310円)も買ったことだし、中に入る。

兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

真夏ってのもあって、庭園の中は緑x緑x緑!
普段、ブルーライトいっぱい浴びてるからこそ、緑で目を休めるべきだよねw

兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

時間は正午。日差しがとても強い。そのおかげで、緑の葉っぱがキラキラと光ってる♪

兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

近くに住んでいたら、たまに散歩しに来たいかもと思ってしまう景色だらけ。

兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

またも適当に歩いてたら、「ここはどこ?」状態に陥る。

兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

でも、マップがあるので安心!笑

Kenroku-en,Kenrokuen Garden,kanazawa,travel,japan

Kenroku-en,Kenrokuen Garden,kanazawa,travel,japan

眺望台(ちょうぼうだい)」と書かれた看板がたっていた場所。
遠くに市内?が見える。意外と知らぬうちに高いところまでのぼってたんだね。

兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

ここからのながめは、兼六園の六勝のうちの一つ「眺望」を味わうことができる。
左のはるかに横たわる稜線は内灘(うちなだ)砂丘、その向こう側は日本海、砂丘が右に尽きるところから能登半島が北にのびている。正面の山は卯辰山(うたつやま)、右は遠く富山県堺の医王山(いおうぜん)がのぞまれる。

Panoramic Viewpoint
Uchinada sand dunes can be seen to the left, Mr.Utatsuyama straight ahead, and Mt. lozen to the right.

조망대
왼쪽편은 우치나다 사구, 일본해.
정면의 산은 우타츠야마.
오른편의 산은 이오우젠.

兼六園,けんろくえん,観光,石川県,金沢市,観光地,日本庭園

まだ記事は終わりません~これで1/3♪

にほんブログ村 旅行ブログへ